妊娠初期の禁忌のツボ押し!?

〜妊娠初期〜
スポンサーリンク
スポンサーリンク

わたしは、妊活中にアキュモード式セルフケアというDVDのツボ押し&マッサージを毎日やっていました。

お風呂に浸かりながら15分〜20分間ぐらいやっていて、 女性に嬉しい効果があるツボが多く、冷えだったり生理周期の乱れだったりに効くとのことで、半信半疑ながらも一応信じるところは信じて実践していました。

ですが、妊娠したけど、このままやり続けていいのかな!?と急に不安になり、色々調べてみました!
何せツボのこととか良く知らないでやっていたものですから、、、

調べてみたところ、

“刺激する足ツボによっては、お腹が張ってしまうなど妊婦に影響を与える可能性があり、禁忌とされている足ツボがある。”

とのこと!!

知らなかった〜!このままやり続けていたらやばかった!

確かに、妊婦さんはマッサージお断りしていますとかは見たことあったけど、、。

妊娠中は通常よりも強い効果が表れてしまうとのこと。

妊婦さんは自律神経が乱れ過敏になっている状態。

足の裏にはたくさんの自律神経が張り巡らされているため、過敏状態を刺激すると、、

想像以上に効果が表れてしまうことがある。

なるほど!!

そんな気になる禁忌のツボは、どこのツボなのか?調べたので紹介していきます!

●三陰交(さんいんこう)
…足の内くるぶしから指4本上の所。
=子宮を収縮させてしまう
(※生理痛や周期の乱れ、便秘などの効果)

●太衝(たいしょう)
…足の親指と人差し指の骨の付け根。一番凹んでいる所。
=陣痛を促す効果
(※足の疲れやむくみを和らげる)

●湧泉(ゆうせん)
…足の裏、土踏まずの少し上。
=子宮に働きかけて、胎児に影響を与える可能性
(※血流促進やむくみ解消、便秘などの効果)

●肩井(けんせい)
…肩の真ん中らへん。
=子宮と直結していて収縮する
(※難産に効く、肩のこわばりが和らぐ)

●合谷(ごうとく)
…手の甲、親指と人差し指の間。
=胎児がうまく養われないため影響あり
(※頭痛、無月経に効く)

こんなにたくさん、押してはいけないツボがあったなんて。知らなかった〜!

毎日、セルフケアしていたのに、急にやめてしまうのももったいないような…と感じてしまいますが。。全ては赤ちゃんのため!やーめた!

妊婦さんは足の裏を避けて、ふくらはぎや足の指程度に留めておくべき!とのことでした。

足って結構むくみますよね…。
ふくらはぎのマッサージぐらいなら自分でやっておこう。

ツボ押しをやりたい方は安定期まで待つのが安心かもしれません。そしてお医者さんにも聞いてみるのが安心ですね!