妊婦検診とNST5回目!結果は?(38週6日)

妊娠後期
スポンサーリンク
スポンサーリンク

明日から産院がお盆が休みとなるため、39週の検診をやっておこうとのことで、通常の妊婦健診に加え毎度お馴染みとなる5回目のNSTをやってきました!診察内容&NSTの結果等まとめました。
NSTについての詳しいブログはこちら→NSTをやってきました(38週0日)

39週の診察内容

まず最初にNSTを行いました。今日はいつもより長めで1時間やりました(; ゚Д゚)
細かく良く診て下さるということになるので、とてもありがたいです(途中わたしの眠気がやば谷園でしたが汗)

途中、お腹の張りが100の数値を超えて122とか数値で出てました(;´・ω・)その時はさすがに腹痛を感じ生理痛っぽい痛みが出ていましたが、全く規則的ではないため、陣痛とは言えないものでした。(※通常時の張りの数値は20ぐらい、40~60はちょっと張ってるぐらい、80以上はお腹の痛みを伴う張り。)

今日のNSTでは赤ちゃんが少しきつそうな数値が出ているので、また明日来てもらって良いですか?

かめたん
かめたん

そうでしたか~。わかりました。

もし、このまま陣痛が来た時に赤ちゃんがしんどくなる場合は、急遽帝王切開になる場合も可能性としては0ではありませんので、当日慌ただしくならないよう事前に採血と心電図を取っておきたいと思います。陣痛がきてみないとこればっかりは分からないもので…。

 

 

かめたん
かめたん

帝王切開…。赤ちゃんが途中で苦しいサインが出れば、途中で帝王切開に切り替えて産む…ってことですよね。わかりました!

そして今日の推定体重ですが、2849gです。着実に大きくなっていますね。赤ちゃんは通常時とても元気ですよ。NSTの数値だけが気がかりですがエコーでは特に異状はありませんでした。明日またよろしくお願いします。

そんなこんなで終了です。

限度額適用認定証とは?

受付では、急遽帝王切開になった場合に必要となる書類を用意しておいて下さいとのこと。わたしな国民健康保険に入っているため、市役所で手に入る“限度額適用認定証”をもらっておいてと言われました。帝王切開での手術代が減額される認定証だそうです。

ってことでその足で市役所へGO。帝王切開になるかはわかりませんが、やれることはやれる内にやっておかなければ!と足早に出かけました。

そしてその場で発行していただきました!

まとめ

普通分娩で産むものだとばかり考えていましたが、帝王切開の可能性も0ではないとのこと。確かに出産する誰しもがそうなる可能性はありますよね…。心電図をとったり認定証をもらったり、他の妊婦さんと違うこともあるかもしれませんが、十人十色。そう。それ。気長に出産時を待ちたいと思います~(‘ω’)ノ