NST<ノンストレステスト>をやってきました(38週0日)

妊娠後期
スポンサーリンク
スポンサーリンク

38週となりました。予定日まであと2週間!!毎日ドキドキしながら過ごしています~(*´Д`)今日はNSTというものがあるので、いつもより時間が掛かりますとのこと。NSTについて調べたのでまとめていきたいと思います!&診察結果もまとめました~。

NST<ノンストレステスト>とは?

赤ちゃんにストレスをかけずに赤ちゃんの心拍とお母さんのお腹の張り(子宮収縮)を2種類のセンサーを使用して計測しグラフ化することで、赤ちゃんが元気かどうかを見るテストのことです。

NSTの所要時間は?

妊娠後期には赤ちゃんはだいたい20分おきに寝たり起きたりを繰り返しています。赤ちゃんが元気かどうかを知りたい検査のため、赤ちゃんが起きている時の心拍とお腹の張りの関係を見ることが第一優先です。ですので、テストを始めた時に赤ちゃんが起きていれば20分程で終わることもあれば、寝ている場合には40分以上テストが続くこともあります。

NSTの頻度は?

多くの産院では、妊娠経過中にトラブルがない場合では妊娠10か月の36週以降の妊婦検診(1週間に1回)でNSTを行います。早産傾向があったり心配のある場合はこれよりも前に行うこともあります。検診で毎回行うかどうかは産院により異なります。気になる症状が出た場合は検診を待たずにその都度行います。

NSTの機械の見方

だいたいの機械の左側でピコピコ動いている数値が赤ちゃんの心拍です。120~160くらいが正常と言われている値。心拍数が高いと活動している=起きている可能性が高く、低めの数値だと寝ている傾向のがあります。
右側の数値はお腹の張り具合。20以下は張っていない40~60になってくると張ってきましたね~の数値なります。80以上だと痛みを伴う強いお腹の張りがきている可能性のある数値です。

NSTの費用は?

一週間に一度のNSTの場合は、妊婦健康診査費用補助券が使用でき、210円でした。安!(券を使用できない時だと全額自費で2,100円)一般的には1,000~4,000円と産院により違いがあるようです。

NSTをやった感想

今日初めてやってみて、40分強やっていたと思います。。長いです。眠くなります。数値を見ていると、お腹が張った時にわたしのお腹の張り具合が80近くまでいっていて『お~これが張っているという感覚かぁ』と思いましたが、歩いていたり立っている時に張ると分かりやすいですが、座っていたり寝ている姿勢ですとあまり張りを感じないわたしなのです…。でも実際は結構張るようで…。看護師さんより、お腹を触って分かるようにしておきましょう~とのことでした。そしてこのあとお医者さんとNSTのテスト結果についての話がありました。

38週の診察内容

NSTをやったところ、気になる値があったのでお伝えします。

かめたん
かめたん

え!あっはい!(ちょい動揺気味)

お腹が張っていない時は赤ちゃん元気なのですが、張った時にちょっと赤ちゃんが苦しいかもしれないサインが出ていて少し心音が小さくなる、少し心拍が下がる値となったので気になります。

かめたん
かめたん

!!大丈夫なのでしょうか!?

赤ちゃんは元気なので今のところは大丈夫なのですが、いざ、陣痛が来た時に赤ちゃんが長時間耐えられるかというところなので、値を慎重に診ていきたいので、明日もNSTをやりに来てもらって良いですか?経過観察してみないとわからないものでして。

かめたん
かめたん

はいっ!!来ます!

あと、今日は膣からのエコーとお腹からと両方行います、異常がないか確認しますね!

~膣のエコー中~

ぐりぐりっって。なんかいつもより強い。。

奥まで見ますので呼吸法を行って頑張って下さい!

かめたん
かめたん

えっ。はい…!ふ~~~~スーッ。ふ~~~スーッ…

こちらに聞こえるぐらい大きく息を吐いて下さい!

かめたん
かめたん

ぶ~~~~っ!!スーッ。ぶ~~~~っ!!スーッ(カーテンの向こうまで聞こえるように口サイドに両手を持ってきて音響させました ´∀` )

おっ。良いですね!その調子で!!

こんな感じでしたが、異常なし☆お腹のエコーでも異常はなし…☆とりあえずまた明日ってことでした。

まとめ

NSTでは心配なところがあるとのことですが、一回だけじゃあ分からない様だったので、明日も行ってきたいと思います!!たくさん診てもらえるのなら心配要素もなくなっていくであろうと信じて…☆赤ちゃんは通常時は元気にしているとのことなので、赤ちゃんに寄り添いながら、自分の出来ることをやっていきたいと思います!!
最後まで読んでいただきありがとうございました!