子宮口を柔らかくする漢方の処方!五積散とは(37週0日)

妊娠後期
スポンサーリンク
スポンサーリンク

37週の検診でした。前回、へその緒が1周赤ちゃんの首に巻き付いていると言われたので、今回は取れているといいなぁと思い臨んだ検診です☆

37週の診察内容

赤ちゃん早速見てみましょうね~。

かめたん
かめたん

はい!お願いします!

お!へその緒が取れてますね!

かめたん
かめたん

それは良かったです!!(ホッ)

また巻いちゃうこともあれば、今まで一回も巻いてなかったのに出産時に巻いて出てくるパターンもあったりしますので、実際出産までどうなるか分からないのですが…。

かめたん
かめたん

そうなのですね…!

とのことですが、とりあえずへその緒が外れて一安心です!

推定体重ですが、診た結果2676gですね。いつ産まれても大丈夫ですからね。

かめたん
かめたん

そーですかぁ。分かりました!

今日は子宮口を柔らかくする薬を処方しますので、気長に飲んで下さい。

かめたん
かめたん

その薬って漢方ですか?

はい。漢方です。前に処方したものが五苓散<ごれいさん>と名前が似ていますが別物です。子宮を柔らかくしてくれるので、安産・赤ちゃんのために毎食前に頑張って下さい。

とのことでした!(^◇^;)

赤ちゃんのためと言われたら頑張るしかないじゃないかー!はい!漢方頑張ります〜(*´ω`*)

五積散〈ごしゃくさん〉とは?

五積散の効果・効能

症状の激しくない胃腸炎・腰痛・神経痛・関節痛・月経痛・頭痛・更年期障害などに用いられる。身体の冷えや痛みがある人に使われる。

身体の冷えは難産を含めた異常分娩にも関係があるため、冷えを改善するこちらの漢方は難産に役に立つ

予定日が近づいても冷えがあり,分娩準備ができていない妊婦に使用することが多い。体が温まるとともに,子宮頸管熟化(子宮口が開きやすく分娩の準備ができる)が促進され,緊急帝王切開率の減少にも繋がる。

かめたん
かめたん

なるほどー。調べてみると色々書いてあるなぁ。

もういつ産まれても大丈夫なので、子宮口をなるべく柔らかくして準備を整えていきましょうスタイルの産院なんだなぁ。ってことはここの参院通ってる人はみんな処方されてるのかなー?

早速、勇気を出して飲んでみました!

五積散の味は?

味は…アレ?思ったより平気かも!

匂いが思った程キツくなく、前に飲んだ五苓散より飲みやすい気がするっ!一回の量が多いので、スプーンで3回分わけて飲みました!

赤ちゃんが産まれるまで気長に毎食前…頑張らねば!赤ちゃんのため!安産のため!←言い聞かせている( *´艸`)

まとめ

だんなに漢方のことを話したところ、

だんな
だんな

いいじゃん♪漢方なら体に良さそうだし!たとえ効果がなかったとしても飲んでいる事実があれば、“効いている”と思い込むから頑張って飲みな~。

とのこと。確かに。だんなの言う通り、せっかく飲むんだったら効く効かない関係なしに“効いてる~”って思って飲もうと思います!

思い込み作戦大事ですッ(‘ω’)ノ

次回の検診は一週間後の妊娠38週です☆それまで散歩や漢方、おっぱい・会陰マッサージなど頑張りまーす!最後まで読んでいただきありがとうございました!