マタニティ服は買うなら早い方が良い!?選び方と注意点

妊娠初期
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マタニティ服の必要性や選び方、マタニティブラやショーツ、パジャマについてまとめてみました!

妊娠すると、お腹や身体を圧迫するようなきつい洋服・下着を着るのは控えた方が良いですよね。
自分の持っている洋服の中でウエストの部分がゴムで緩いものや、ワンピースタイプの洋服を着たりしていましたがマタニティ服が一番楽に着れるだろうし、

きっと授乳中でも使えるタイプの物が多いのだろうなぁ。

そこで赤ちゃん本舗や西松屋に行ってみると、可愛くて授乳中にも使えるようなマタニティ服がたくさん売っていました!もっと早く足を運べば良かったです( *´艸`)
ブラ・ショーツといった下着やパジャマについても後の方で紹介しますので、最後までお読みいただけると嬉しいです!

マタニティ服の必要性

マタニティ服は妊娠されたママ専用のために作られた洋服です。ゆったりめに作られた洋服なだけでなく、日に日に大きく変化するお腹や身体、赤ちゃんを優しく守るために開発された機能的な洋服です。
少し無理をして普段着を着ていると、お腹が締め付けられて痛くなったり血流が滞ってしまうといった“マイナートラブル”を起こしかねません。ちょっとでもきついなと感じたら、マタニティ服に頼ることが重要です!

マタニティ服はいつから着るもの?

一般的にはお腹が膨らみ始める妊娠5か月ぐらいを目安に着始める妊婦さんが多い様ですが、マタニティ服は、妊娠初期から着用出来るデザインになっているため、答えとしては、“いつから着てもOK!”です!
産後の授乳が終わった後の妊娠していない時でも着れるデザインなので、

かめたん
かめたん

買って損はないお洋服!!むしろ早い時期に買って長く使い得するべき!だと思います!

 

マタニティ服の選び方

マタニティ服を選ぶ時のポイントとして、デザインやサイズだけではなく、素材に気を付けることが重要だと思います!
妊娠中はホルモンバランスの変化により敏感肌になりやすいので、肌触りにもこだわると良いです。お腹の部分がきちんと伸びてくれる、収縮性に富んだ素材だと、脱ぎ着もしやすいですね。
洗濯した後にシワシワになってしまいアイロンをかけないとダメ…みたいな素材は、妊娠中に無駄な仕事を増やさないためにもしんどいので避けましょう。素材についてまとめると!!

伸びる素材肌触りの良い素材洗濯後のケアが楽な素材の3つに気を付けて選びましょう。

後は自分が着やすいデザインか、長く使えそうか、そしてサイズに注意していきましょう。サイズは一度試着してみることが一番良いと思いますが、お腹や身体がふっくらすることを考えて決めましょう☆

かめたん
かめたん

わたしの場合はもともと肩幅もあるしぽっちゃり系なので、普段着Lに対してマタニティ服もLを購入しました。試着してみたところ、Lで十分ゆとりのあるデザインのものが多かったです!

マタニティブラはいつから着ける?

マタニティブラはいつからつけるべきか?その答えとしては、なるべく早く!!が正解です。
なぜなら、妊娠すると待ったなしでどんどん胸が大きくなっていきます。お腹がふっくらするタイミングよりも先に、バストが2カップ程大きくなる方が多い様です。
マタニティブラは授乳する時に乳首が出しやすいように考えられて作られているものがほとんどなので、どうせ買うなら早く購入し、長く使っていけるようにしましょう!

かめたん
かめたん

わたしの場合

妊娠して→

胸が張ってるなぁ~→

どんどん大きくなるなぁ~→

普段付けていたブラはきつすぎてすぐにやめッ→

持っていたブラトップ(ブラとキャミ一体型)を着用→

マタニティブラを探す→購入

こんな流れでした。もっと早くマタニティブラを購入しておけば良かったなぁと思いました。

マタニティブラの選び方

マタニティ服と同様ではありますが、デザインより素材に一番気を遣うと良いと思います!肌に直接つけるものなので、バストの大きさの変化やホルモンバランスの変化も考えると、わたし的にはワイヤーなしの蒸れない素材が一番です!ノンワイヤーでソフトな付け心地ののものをハーフトップとも呼びます。
ワイヤー入りのものはホールド力があり、胸の形をきれいに保ってくれる効果がありますので、シーンに応じて使い分ける方も多い様です。
可愛いマタニティブラもたくさん売っていますが、可愛いと蒸れやすい素材だったりするのが現実です…。

かめたん
かめたん

可愛いし楽そう!と試しに1つ購入したマタニティブラ(ワイヤーなしタイプ)でしたが、実際につけていると汗をかいたときに蒸れてしまい、あせもができてしまったかめたんです…。

ワイヤーあり・なしだけでなく、素材にもこだわるべき!!
ですのでなるべくお肌に優しい綿コットン素材を選びましょう。

かめたん
かめたん

ちなみにわたしが通っている産婦人科では、出産のための入院時に必要な準備品の中で『ワイヤーなしの授乳用ブラ』が入っていました!

マタニティショーツは必要?

マタニティショーツが必要かどうかは自分の好みによると思います!
わたしの場合はお腹がスッポリ隠れるタイプのマタニティショーツは嫌だったため、浅めのタイプのものを購入しました。
なぜ嫌だったかというと妊活中から腹巻を着用していたため、お腹を温めるために着用するなら腹巻が心地良いと感じていたからです☆

妊娠前から着用していたショーツを最初は履いていましたが、段々きつくなってきたので、マタニティショーツの浅めのものを購入しましたが、お尻の所がズボンみたいになっているローライズタイプだったため、お尻にパンツが食い込むw食い込むw
お尻が大きいわたしには合わなかった様です…(*´Д`)

かめたん
かめたん

結局、普通の綿のLサイズのゆったりめのパンツを購入し愛用しています(笑)
綿Lショーツの上に腹巻をしてお腹を冷やさないようにしています。

マタニティパジャマは必要?

妊婦用のパジャマが必要かどうかは、自分と産婦人科次第です。
マタニティパジャマとは一般的に出産のため入院する際に着用するものです。産後は、寝たままの体勢で診察を受けたり何度も授乳をするため、前開きでトップスが長めのデザインが主流となっているものが多いです。入院中の時間はパジャマで過ごすことになるので、産婦人科によっては準備品の一つになっていることでしょう。わたしが通っている産婦人科ではマタニティパジャマを用意してくれているため、購入の必要はないかなと思いまだ購入していません。産婦人科から用意してと言われているのであれば、早めに買っておくことで長く使えて重宝することでしょう。

産後もマタニティパジャマは使い勝手が良いそうなので、買っておくことをおすすめする人が多い様です。出産後1か月間は外出もできませんし、赤ちゃんへの2〜3時間おきの授乳も続きますので、パジャマをルームウェアにして過ごすママがほとんどの様。調べていくうちに欲しくなってきましたw一着購入してみようと思います!!

まとめ

マタニティ服・ブラ・ショーツ・パジャマを購入すると決めたなら、早めに買いましょう♪早く着用することで締めつけられることなく身体にも良いです!!良いことばかり~。後はお金との相談ですね!
長いようで短い妊娠期間。マタニティウェアを早めに買って、マタニティライフを快適に過ごしていきましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マタニティウェアの参考に↓

NEXT→戌の日とは?腹帯は購入するべき?安産祈願について