妊活グッズ〜よもにん編〜

妊活中にやっておきたいこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊活中にやっておきたいことシリーズ⑥〜続・温活編よもにん買ってみた〜

 
前回のブログで、妊活女子に大切な冷えとり・温活について書かせていただきました。

 
お風呂の半身浴、靴下、腹巻…。 

身近なところから少しずつ始めようと、

冷えとり靴下は『生活綿 繭結』(せいかつめん まゆ)のネット販売で購入しました。

靴下がとても良かったので、レッグウォーマーと腹巻も購入。

レッグウォーマーと腹巻は違うお店のネット販売でも購入しましたが、(楽天で検索しましたが何のお店か忘れましたてへぺろ)生活綿 繭結は素材がしっかりしていて、気持ち良いです。

そして、生活綿ではないのですが、身体を外側からあたためる温活グッズ、
 
もう一つ買っちゃいました!↓

妊活骨盤ゆたんぽ「よもにん」
です。←(次から次へと買いすぎ?笑)

よもにんとは、骨盤や子宮をあたためる座布団と思って頂けたら良いかと思います!

座布団、、、よりは硬いです。はるかに。
プラスチックで出来ています。

どういったものかといいますと、

約50℃のお湯をよもにんに注いで、ヨモギ色のカバーをかけて座る。(本当は、間によもぎパットをはさむ←これ臭そうなのでやってません)

です!

椅子の上に置くでも、床の上に置くでも、どっちでもいけるタイプです。

よもにんの“よも”は、

よもぎの“よも”だったのです!

なぜよもぎ?

よもぎ蒸しが妊活に良いと、聞いた方もいると思います。
はい。
わたしもネットで見ました。

よもぎ蒸しとは、裸になって下半身に直接蒸気をあてて行うもの。子宮や卵巣付近をしっかりと温めることができて身体の中から芯まで温まるとのこと。

やってみたいです!

ですが、なぜ“よもぎ?”
 
他の葉や草じゃダメなの?

よもぎ蒸しは元々韓国に伝わる療法で、妊娠や出産で大きく変化してしまった女性の身体を、元の状態に戻すために行われていたそう。

妊活だけでなく、よもぎ蒸しには女性に嬉しい効果が多いとのこと!デトックス効果やストレス解消、ダイエット効果、美肌効果があるとか。

日本でもよもぎは、怪我や下痢をした時などに、用いられていた薬草。

そんなよもぎや薬草などをブレンドしたものを、煮出した蒸気で身体を蒸すことが、よもぎ蒸しなんだと。

そんなこんなで、効果が期待され、話題になっていたのですね。

でもよもぎ蒸しとか高いだろうし毎回やってられないし、お家でよもにんで良くない?ってな具合でポチり!

お湯を入れる作業がちょっとめんどくさい時もあるけど、続けています! 
 
せっかく買ったんだもん☆わたしはお風呂から出た後に座っています。 
説明書には30分以上座らないで下さい。 
って。書いてあるので、使う際は気をつけて下さい。

 
 
座ると骨盤が真っ直ぐな姿勢になります!

姿勢美人にもなれるかも?


次回は妊活中にやっておきたいことシリーズ⑦〜ご縁授茶買ってみた編〜を書きたいと思います☆

分かりづらい文章ですみません。。最後まで読んでいただきありがとうございます!