風疹の予防接種を受ける必要性

妊活中にやっておきたいこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年11月16日

流産の手術、子宮内容除去術をしてから一週間が経ちました。 
 
経過観察のための通院の日です。

いつも通り超音波(エコー)で膣から中をみてもらいました。

お医者さん「問題ないですね。良かったです。」

 

ホッと一安心です。 
 
それと、風疹の予防接種をしました。 
 
 
妊活前に風疹の予防接種をするべきだったのですが、、。

自分がきっちり調べていなく、妊活優先になってしまっていました。

風疹の予防接種後は2ヶ月は避妊をしなければいけません。

子宮内容除去術をしてからの妊活は、お医者さんにもよりますが、だいたい1〜2回目の生理の後からの方針が多いよう。

天国に行った赤ちゃんがくれた機会だったのかもしれないな。

そう思い、やってなかった風疹の抗体検査と予防接種をすることにしました。

 
ちなみに、子宮内容除去術をするにあたり、血液検査をするので、ついでに風疹の抗体があるのかを一緒にみてもらいました。

 
風疹のHI法(抗体値を測る測定法)の検査で
8未満だと抗体がないとのこと

私は8の値でした。

抗体ないんだ…。

自分の小さい時の母子手帳を見たら、2歳の時にMMRという、麻疹・風疹・おたふくかぜの混合ワクチンで予防接種していました。

予防接種を受けたからといって、抗体があるとは限らないのです 
なので、自分は小さい時に打ってるから大丈夫!という安易な考えは危険だったのです。

 
ですが、なぜ妊婦さんがかかったら危険と言われているのか、知らない方も多いのでは?


 
そこで風疹とはどのような病気で、妊婦さんがかかったらどうなるのかを紹介していきます。

 
 
 
 

風疹とはどのような病気?
●症状

感染して2週間程度で症状が表れ、5日間程度で症状が続く。
①体のだるさ、発熱
②赤い発疹(ポツポツしている)
③耳や首の後ろのリンパ節が腫れる

ですが、症状だけで風疹と決めつけることは出来ず、抗体検査をしてはじめて風疹確定。
子どもがかかる方が軽く、大人がかかると発熱や発疹が長引く傾向がある。

風疹に一旦かかると二度とかからない可能性がある程の強い免疫が出来る。(終生免疫)
 
 
 

●感染経緯

①飛沫感染。感染された方の1〜2メートル以内にいた場合に感染が起こる可能性がある。

②接触感染。ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによるもの。

空気感染ではない。
注意しなければいけないこと。それはウイルスに感染しても症状が出ない人が15%程度いるとのこと。症状は無くて免疫ができるが、自分の知らない間に人に感染させる可能性なあるということ。恐ろしい。 

 
 

風疹が恐れられている理由

妊娠初期の女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに先天性風疹症候群 (CRS)にかかる可能性が50%もあるから!!
 
○妊娠4週…50%

○妊娠8週…35%
 
○妊娠12週…18%

○妊娠16週…8%  

妊娠初期の妊婦さんが風疹にかかると、お腹の赤ちゃんも風疹ウイルスに感染することがある。妊婦さんに風疹の症状が出なくても、赤ちゃんには感染する可能性がある。

 
感染した赤ちゃんは、難聴、白内障、心疾患、心身の発達障がいをもって生まれる可能性がある。
 
 
 

 

●風疹ワクチン接種について

妊婦さんになってからは風疹ワクチン接種は受けられない。なぜなら体に入れることにより、感染とは違い症状は出ないけれど、擬似状態を作るから。赤ちゃんに感染してしまう可能性があるから!というか妊娠中には打ってもらえません。
 
 
 

●抗体検査をしなくても、ワクチンは受けられる?

抗体があってもなくても予防接種は受けられるので、検査が面倒な人でも打ってOK!
小さい頃に打ってるから分からない、感染しているかわからない人は打った方がよい。 
 
 
 

●小さい時に打ってるから大丈夫?

わたしのように、小さい時に一度打っているからと安心はできません。なぜなら調べたら抗体はありませんでした。

一度だけの方は妊活前に抗体検査をするのがよい。

二度打っている方でも、抗体検査をした方が良いと私は思います。

住んでいる市によっては、妊活を希望している人は助成金が出る場合もあります。

ワクチン代8000円でした。

 
わたしが住んでいる市の場合。助成金対象者が下記の人以外でした。 

助成金対象者

①風疹ワクチン 
(麻疹風疹混合ワクチン…MR、麻疹風疹おたふくかぜ混合ワクチン…MMRを含む)の予防接種を受けたことがある人

②風疹に罹患したことがある人

③風疹抗体価が十分であることを確認している人

この3つに該当する人は、助成金はもらえません。 
 
 
 
わたしは、一度MMRのワクチン打ってますと言ってしまい助成金をもらえませんでした。ショック!
 

一度も打ってないと言えば助成金が出る可能性があります。 
 
これから風疹関連の予防接種を受ける方は、わからないor打っていない、と言う方が助成金が出る可能性が高いでしょう。

わたしは①に当てはまります。

ですが、抗体検査の結果は、【抗体なし】です。

抗体はないけど、一度でも予防接種をしていては助成金もらえないって。

なんだそれ。

抗体ないのが確定している時点で、妊娠を希望している人には助成金出してよ。と、そう思いました。

なので、①であっても、予防接種したかわからないと言えば良かったと思いました。損した気分。

助成金が、

風疹麻疹混合ワクチン…MR→6000円

風疹単体ワクチン→4000円 
 

だったので、わたしは混合ワクチンを8000円で打ったので、6000円損した気分。

皆さんもよく調べてから行くのが良いでしょう。。 
 
 
ちなみに、だんなも打ちました。 
 
風疹も、先天性風疹症候群も、予防接種を受けるだけで、感染する可能性を大いに下げてくれます。 
 
わたしはきちんとした知識を持っていなかったので、予防接種をするタイミングが遅くなってしまいました。本当だったら結婚をするタイミングでパートナーとよく話し合い、二人で受けることができたら、一番良いと思いました。
 
 
長くなりましたが、風疹の話は以上です。 
 
 

次回の通院は、決まっていませんが、今飲んでいる薬(チラージン)がなくなるのが年末ぐらいなので、その時に一度通院して処方してもらう予定です。

 
 
11月16日に予防接種をしたので、生理が2回過ぎてからの妊活再スタートを予定してます。

 
早くても1月中旬かなぁ。とりあえずそれまでは、<充電期間にして羽を伸ばしたいと思います〜。